カードローンの審査が通らない理由は?審査申し込み前に対策

カードローンは銀行の金融商品の1つで、他のローンと異なり利用使途が自由となっているところが最大のメリットと言われています。
また、銀行のローンと言う事で、審査は消費者金融会社のキャッシングより厳しいと言われていますが、その分金利が低いのも魅力の1つとなっています。

この審査は主に、勤務先の勤続年数や収入・持ち家か借家か・過去の借入れでトラブルがないか・現在の借入れ件数とその金額、などを調べる事を目的として行われます。
勤続年数や収入などは返済能力を測る意味で重要な要素となりますし、持ち家かどうかと言う事も担保と言う意味で必要な要素になります。
また、過去の借入れでトラブルがあった場合や、現在の借入れ件数が5件以上あったり、年収の3分の1以上の借入れ金額になる場合は審査が通らないとされています。
ですので借入れを申込む前に、自分がこの条件に当てはまるかどうかと言う事を確認して、もし該当してしまうような場合は、銀行に比べ審査がゆるいと言われる消費者金融で借入れを行う事もひとつの手段として、考えておく事をお勧めします。