後発医薬品とジェネリック協会の関係とは

※正式な名称は、「日本ジェネリック製薬協会」になります。
後発医薬品ですが、つまりジェネリック医薬品を多くの人に知ってもらおうと活動している団体になります。
言い換えると医薬品メーカーで作っている団体と言うことですね。
海外では、結構普及している後発医薬品ですが、日本ではなかなか進んでいないようですね。
(汗)その為、日本ジェネリック製薬協会」が、それを推進する広報活動を行なっています。
当選、後発医薬品メーカーなので自分たちの商品が売れることを願っています。
(笑顔)しかし、知識がないので後発医薬品が利用されないのは、医療の将来を考えた時にあまり良い事ではないですよね。
そう考えているのです。
(汗)外国で普及しているのに、日本では、どうして普及しないのでしょう!?その理由としては、多くの人が明確な答えを出していないようですね。
(汗)残念ですが、国で医療保険制度の違いがあるようですね。
これは何が違うのかと言うと、医療費の個人負担が違うと言います。
(汗)。
日本ジェネリック製薬協会も自分たちの利益ばかりを追求している訳ではないと思います。
日本の医療保険制度は、危機的な状況にあると言います。
(涙)残念な事に、保険組合の財政破綻なども現実的なものになってきているようですね。
(汗)これからの日本の行く末を考えた時、後発医薬品の問題と言うのは重要なことの一つとなっていきそうですね。