夜行バスでのマナー

寝ている間に移動できる夜行バスは料金が格安な点が魅力ですが、狭い空間に長時間いることになるので、マナーが重要です。
ここでは夜行バスならではのマナーについて説明します。
1.携帯電話、スマホ等の着信音、ゲームの音はNGです。
2.同様に携帯電話、スマホ等での会話は緊急時のみにしましょう。
3.消灯後はスマホ等を操作しないようにしましょう。
画面の明るさは意外と周囲に届いています。
4.携帯音楽プレーヤーの音量はいつもより低めにしましょう。
バスの中は走行音以外の音は殆どないので、意外と周囲に届きます。
5.消灯後、窓側のカーテンを開けない。
寝ている人もいます。
6.乗車前にアルコールを摂取しない。
狭い空間ですのでアルコールの臭いは周囲の人に迷惑です。
7.リクライニング時には後方座席の人にひと声かけましょう。
このようにまず大切なことは自分自身から音と光を発生させないことは最低守らなければならないマナーと言えます。
みんなが気をつければ狭い空間も少しでも快適に過ごせるようになるでしょう。